フリーターから正社員の中途採用への道

正社員で勤めていた会社を辞め、1年未満ではありますがフリーター生活をしていた事があります。
その時は次に就く仕事は自分の好きな仕事をやりたいと思っていて、やりたい仕事に就くために勉強時間を確保したいというのが理由でした。
一つの場所でアルバイトをする事も考えましたが、色々なバイト先を検討し面接を受けた結果、5時間程度のアルバイトを2つ掛け持ちし、週4日ぐらいやっていました。
2つ一緒に勤務する日は一日10時間、片方のバイトしか出ない事もあるので、日によっては5時間という日もありました。

フリーターの利点は、やはり時間に融通が効くことだと思います。
予定があれば休むことも可能だし、普通の会社員のようにカレンダー勤務という訳では無いので、試験などの勉強や他の事に時間を割くことができます。

2つ以上のアルバイトを掛け持ちするという事の利点としては、気分転換が出来ることです。
ずっとオフィスワーク、ずっと接客など同じ作業をすっと繰り返しているとマンネリ化するし、人によってはストレスも溜まってくるかもしれません。
そんな中で全く違うアルバイトを掛け持ちすると、場所も関わる人も仕事内容も変わって新鮮な気持ちで作業が出来ます。作業効率も上がるので良いです。

そして、フリーター生活の難点もあります。
正社員と比べると収入が少ない、ボーナスがないなどの金銭的な面は勿論ありますが、それは責任の重さや雇用形態の関係で仕方ないと思います。
自分がフリーター生活をしていて一番大変だったのは社会保険関係でした。
社会保険に加入していない場合、自分で国民年金と国保に加入する事になっていましたが、この出費だけで月々2万ちょっとは取られていたので、少ない収入の中でやりくりするのは大変でした。
会社によってはアルバイトでも勤務時間によって加入できる所もあるのですが、掛け持ちバイトなどする場合は注意した方が良いです。
そしてアルバイトの場合は交通費が支給されない所が多いです。
あまり自宅から離れた場所だとただただ通勤費がかかるという可能性もあるのが悲しい所です。

纏めとして、自分なりに思った事は何か目標や夢があって時間に融通が効いた方がいい人はフリーター生活も悪くないと思います。
とりあえず生きていくためにお金を稼いでいこうと思っている人は、きちんと社会保険にも加入できる正社員として働ける会社で働いた方が良いと思います。
現在の私は、フリーターを脱出して、好きな仕事の正社員として楽しく勤めています。
⇒⇒⇒フリーター中途採用